マイホームを新築すると、やはり友人たちにお披露目したくなるもので、私も新築した際には、何度もお披露目会をやったものです。

新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話

マイホームを新築すると

マイホームを新築すると、やはり友人たちにお披露目したくなるもので、私も新築した際には、何度もお披露目会をやったものです。

最初は、どんなお料理を作ろうかと色々考え、部屋もきれいに掃除するというように、至れり尽くせりで接待していたのですが、ある時、子供連れのお友達の集団を呼んだ時のことです。
それはそれは、子供たちが元気なこと。
新築の家の中を走り回り、お風呂のシャワーから水を出して遊んだり、押入れの中に入り込んだり。あっという間に部屋の中はぐちゃぐちゃ。あちこち傷だらけになってしまったのです。
子供を招待したこちらが悪いと言えばそれまでですが、きれいな新築の家があまりに汚く、ぐちゃぐちゃになってしまい、本当に泣きたい気持ちになりました。

それ以来、子供を招待する時には、入ってはいけない部屋のドアには「入らないで」という紙を貼り、壊されたくない飾りは片付ける等、細心の注意を払うようになりました。

私が五年前に新築マンションを購入し入居した際

私が五年前に新築マンションを購入し入居した際、身内だけで新築お披露目会を行いました。
ちょうど第二子が生まれた頃だったので、100日のお祝いと兼ねて、義理の両親と夫の兄弟と私の親を呼びました。

新築マンションなので、一通り共有施設などを見学するために、マンション内を歩きました。
豪華なエントランス、カフェやミニショップ、ゲストルームや景色の良いラウンジやパーティールーム、エステやプールなど、豊富すぎるくらいの共有施設に親たちは常に驚きを隠せない表情でした。

いざ部屋へ行った時に、部屋の中の方がぐっとシンプルで、少し落差を感じさせてしまいました。

しかし、リビングダイニングがとても広い間取りを選び、明るい床の色のお陰で、ナチュラルで心地よくカフェみたいだと言ってもらえました。
十名弱の人数で食事をしましたが、とても広々とスペースを使えました。

窓からは海が見えて、見晴らしも良く、親たちも満足気でした。
家族の幸せそうな顔を見て、このマンションを選んで良かったと、改めて実感しました。

おすすめ情報

Copyright (C)2014新築お披露目会にまつわる話.All rights reserved.